ロータリークラブとは
 
東京葛飾東ロータリークラブ
 
 クラブ活動
 
 リンク
 

 

 

「クラブ奉仕」

「クラブ奉仕」とは、ロータリアンが所属するロータリー・クラブを円滑に機能させるために行う次のような行為を言います。すなわち、クラブ会合に出席すること、クラブの親睦に加わること、クラブのプログラムに参加すること、委員になること、理事を勤めること、会費を払うことなどです。また、クラブ外においてクラブを代表すること、例えば他のロータリー・クラブで講演をしたり、都市連合会、地区協議会、地区大会、リーダーシップ・フォーラムに出席したり、新クラブの設立に当たって自分のクラブを代表したりすることです。


クラブ奉仕委員会

 この委員会は、本クラブの会員が、クラブ奉仕に関する事柄においてその諸責務を遂行する上に役立つ始動と援助を与えるような方策を考案しこれを実施します。
クラブ奉仕委員会は委員会の定例会合に責任を持ち、クラブ奉仕の全活動について理事会に報告するものとします。

1、会場監督
 会場監督は、組織図にある通り、クラブ役員の一人でSAA(SergeantAtArms)とも呼ばれています。本来は役職名にあって、委員会名ではありませんが、当クラブでは例会場やいろいろな会合の秩序と厳粛さを保つため委員会のような組織にして活動しています。

2、出席委員会
 この委員会は、すべてのクラブ会員があらゆるロータリーの会合に出席すること(これには、地区大会、都市連合会、地域大会および国際大会への出席も含まれる)を奨励する方法を考案します。この委員会は特に本クラブの例会への出席と、本クラブの例会に出席できない 場合の他のクラブ例会への出席とを奨励し,全会員に出席規定を周知せしめ、出席を良くするためのより良き奨励策を講じ、そして出席不良の原因となる諸事情を確かめてこれを除去することに努めるものとします。

3、親睦活動委員会
 この委員会は、会員間の知り合いと友誼を増進し、用意されたロータリーのレクリエーションおよび社交的諸活動への参加を会員に奨励し、本クラブの一般目的の遂行上会長または理事会が課する任務を果たします。

4、健康管理委員会
 この委員会は、会員の健康を定期的にチェックするために、随時メンバーの相談を受け付けるとともに、年に1〜2回、簡単な定期検診を行います。委員にはメンバーのうち医療関係者が携わることが多いことも特徴的です。

5、ゴルフ同好会
 当クラブには、ゴルフ愛好家が多く、親睦のため同好会を作って運営に当たっています。

6、ニコニコ委員会
 この委員会は、会員に慶事があったときに少額の寄付を行って、会員に知らせるとともに感謝の気持ちを表すことにしています。集められた金銭は、特別会計に組み入れられ、主に社会奉仕活動に使われます。

7、プログラム委員会
 この委員会は、本クラブの例会および臨時の会合のためのプログラムを準備し,手配します。

8、職業分類委員会
 この委員会は、毎年できるだけ早く、遅くとも8月31日以前にその地域社会の職業分類調査を行います。その調査から、職業分類の原則を適用し、充填未充填分類表を作成します。必要な場合は本クラブの現会員のもっている職業分類を再検討します。そして、あらゆる職業分類の問題について理事会と協議します。

9、会員増強委員会
 この委員会は、たえず本クラブの充填未充填職業分類表を検討し、未充填の職業分類を充填するために適当な人物の氏名を理事会に推薦します。

10、会員増強委員会
 この委員会は、会員に推薦されたすべての者を個人的な面から検討して、その人格、職業上および社会的地位並びに一般的な適格性を徹底的に調査します。そしてすべての申し込みに対する委員会の決定を理事会に報告します。

 

 
Copyright (C) 東京葛飾東ロータリークラブ