葛飾東ロータリークラブは1972年に葛飾ロータリークラブを親クラブとして創立したロータリークラブです。葛飾を中心に活動をおこなっております。
例会は第1・第3・第5水曜日、亀有駅より徒歩約5分のしゃもなべ日本料理「須田」にて行っております。
全ての例会を夜間例会(18時30分~19時30分)とさせて頂いております。
2021-2022年 国際ロータリーのテーマ
国際ロータリー2021-22年度会長 シェカール・メータ
カルカッタ-マハナガル・ロータリークラブ所属(インド)

ナマステ。ロータリーの世界各地から集まった「Movers and Shakers」の皆さん、こんにちは。地区ガバナーエレクトである皆さんはMovers(動かす人たち)であり、私は「シェカール」です。

今日、皆さんは、奉仕とリーダーシップの旅路において、とても大切な一歩を踏み出します。
これからの17カ月間は、皆さんの人生で最も素晴らしく、実りあるときとなるでしょう。この期間を、人生で最も充実したときとすることができます。この期間には、私たちが共有するロータリーのビジョンに導かれながら、大きな夢に向かってくださるようお願いします。
皆さんは、計画を立て、目標を定め、その目標を達成するようロータリアンにインスピレーションを与えてやる気を引き出します。
その目標とは、会員を増やしてロータリーの参加者基盤を広げるという目標、そして、世界に奉仕してより大きなインパクトをもたらすという目標です。
この旅路において、皆さんは、地区のロータリアンおよびローターアクターと目標を分ちあい、「もっと行動し、もっと成長する」ための意欲を喚起するという大きな役割を担います。
これは、私たちを導く信念です。
「もっと行動し」とは、より大きく、インパクトをもたらす奉仕プロジェクトを意味します。「もっと成長する」とは、会員を増やし、参加者基盤を広げることを意味します。

会員増強は引き続き、最も大きな課題です。
過去17年以上、ロータリーの会員数は120万人のまま横ばいとなっています。力を合わせて、これからの17カ月間でこれを変えようではありませんか。変革者であるガバナーの皆さんには、会員増強という点で、今、ロータリー史上最大の変革をもたらす機会が訪れています。
過去17年間にロータリーが達成できなかったことを、今後17カ月間に達成することにチャレンジしてください。